Connect プラットフォームと子アカウントにて JCB 支払いを受け付け

Connect ご利用のプラットフォームでも JCB カード支払い受付が可能です。JCB カード支払いを Connect プラットフォームへ実装する方法についての詳細は、こちらのドキュメントをご参照ください。JCB 社の方針により、認められる決済手段が異なる場合があります。例えば、プラットフォームで売上を計上していただく場合や、子アカウント上にて売上を計上する場合もあります。前者の場合は、on_behalf_of のパラメーターの利用ができませんが、後者の場合は必要となります。

新規 Connect アカウント

Connect ご利用の場合で、JCB カード支払いの受付をされる場合は、JCB の利用審査通過後に決済の方法の決定をすることをおすすめします。

既存 Connect プラットフォーム

CUSTOM/ EXPRESS アカウントご利用のプラットフォーム

Custom/Express アカウントを使用している場合は、連結されたアカウントに代わって JCB 登録をリクエストする必要があります。

新規 Custom/Express アカウントを登録
新しいアカウントで行う場合は、アカウントの作成時に card_payments および transfers と合わせて、jcb_payments capability をリクエストしてください。

Custom アカウントを使用する場合の Python コードの例:

stripe.Account.create(
 country="JP",
 requested_capabilities=['jcb_payments', 'card_payments', 'transfers'],
)

Express アカウントを使用する場合の OAuth URL の例:

​https://connect.stripe.com/express/oauth/authorize​
?redirect_uri={REDIRECT_URL}
&client_id={CLIENT_ID}
&state={STATE_VALUE}
&suggested_capabilities[]=transfers
&suggested_capabilities[]=card_payments
&suggested_capabilities[]=jcb_payments

プラットフォームが既存の CUSTOM 又は EXPRESS 子アカウントを登録する場合

capability API を使用して jcb_payments をリクエストする必要があります。

Python コードの例:

stripe.Account.modify_capability(
 "acct_1CmEuvFjAq3Pk1RD",
 "jcb_payments",
 requested=True,
)

Standard アカウントご利用のプラットフォーム

新規 Standard アカウントは、自動的に登録されます。

既存の Standard アカウントの場合は、ダッシュボードより JCB 支払いの有効化をする必要があります。日本アカウントにおける JCB カード決済有効化についてをご参照ください。

Connect プラットフォームは、Standard アカウントの代わりに有効化することが出来ません。Standard アカウントのオーナへ連絡しダッシュボードから JCB カード決済の有効化をする必要があります。

承認と見送り

JCB より、お客様またはお客様の連結されたアカウント(子アカウント)の情報の提出またはアクションを別途求められる場合があります。その場合は、メールでご連絡いたします。

JCB によって審査が完了すると、Stripe より Webhook が送信されます。

JCB によって利用が承認、または拒否された場合、Stripe より capability.updated Webhook が送信されます。

登録の結果 Webhook データ
承認済み type: “capability.updated”data.object.id: “jcb_payments”data.object.status: “active”account:acct_XXXXXXX (承認済みの連結されたアカウントの ID)
拒否済み type: “capability.updated”data.object.id: “jcb_payments”data.object.status: “inactive”account:acct_XXXXXXX (拒否済みの連結されたアカウントの ID)
結果保留中 type: “capability.updated”data.object.id: “jcb_payments”data.object.status: “pending”account:acct_XXXXXXX (登録用に送信済みの連結されたアカウントの ID)

子アカウントの登録状況を確認する

連結されたアカウントの JCB 登録のステータスを確認するには、capability API を使用してjcb_paymentscapability のステータスのクエリを行います。

python コードの例:

stripe.Account.retrieve_capability(
 "acct_1CmEuvFjAq3Pk1RD",
 "jcb_payments",
)
登録の結果 capability API の応答
承認済み status: “active”
拒否済み status: “inactive”
未登録 status: “unrequested”
結果保留中 status: “pending”

承認、組み込みとテスト

JCB 社による判断については、メールにて結果をお知らせします。承認され次第、実装と組み込みのテストが可能になります。日本アカウントでの JCB 支払いの組み込みをご参照ください

なお、各決済方法に関しましてはテスト環境にてお試しいただけますが、本番環境ではご利用いただけない場合もあります。

追加情報