Stripe

Support

顧客の支払いが拒否されました。なぜ拒否されたのでしょうか

支払い拒否が発生するのには、さまざまな理由があります。Stripe から顧客のクレジットカード会社に支払い要求を送信すると、クレジットカード会社の自動化システムで支払いの可否が判定されます。クレジットカード会社のシステムでは、顧客の支出傾向や口座残高、有効期限や CVC といったカード情報など、さまざまな情報を考慮します。

これらの情報は常に変化しているため、以前に支払い承認を受けたカードでも、その後承認されなくなることがあります。カード情報がすべて正しく、顧客が以前にきちんと支払いを行なっていた場合でも、クレジットカード会社の不正使用対策システムが過度に作用し、その後の支払いが承認されなくなる場合があります。

特定の支払い拒否について詳しい情報を見る

Stripe は、支払い拒否について顧客のクレジットカード会社からできる限り多くの情報を収集して、ダッシュボードに表示します。残念ながら、ほとんどの支払い拒否は包括的に扱われているため、支払いが拒否された理由について詳細な情報をあまり得られません。

クレジットカードの情報がすべて正しいようであれば、顧客からクレジットカード会社に連絡をとってもらい、詳しい情報を入手して、今後の支払いが許可されるように依頼させるのが最善の方法です。

支払い拒否の可能性を少なくする

顧客のクレジットカード会社が、取引の認否を決定する際に考慮する主な要素は、カード番号、有効期限データ、およびセキュリティコードがそれぞれ正しいことです。

セキュリティコードを収集することで、支払いの拒否率を大幅に下げることができます。セキュリティコードを収集しておらず、支払い拒否の問題が発生した場合は、セキュリティコードを入手して提供することですばやく解決されることがあります。

支払いの承認において、住所や名前などのデータがどれだけ影響するかはカード会社によって異なります。たとえば、顧客の名前を重視しているのはアメリカン・エキスプレスのみです。より影響力のある情報を収集した後でも支払い拒否の問題が解決されない場合は、さらに顧客の名前を提供してみるとよいかもしれません。

Was this answer helpful? Yes / No