Stripe

Support

Connect Standard account と Connect Custom account の違いを教えて下さい

プラットフォーム事業者は Stripe Connect を通じて Standard および Custom のどちらの Stripe アカウントともやり取りできます。Connect の使用に際し、プラットフォーム事業者が最初に決めることは、接続するアカウントのタイプです (もちろん、必要な場合は両方のタイプと同時にやりとりできます) 。

Standard アカウント

Standard アカウントは、アカウントの所有者 (プラットフォームのユーザ) が管理します。Standard アカウントとは、プラットフォームに接続する前に既に存在していたアカウント、または Connect への接続プロセスで作成されたアカウントです。このアカウントは、複数のプラットフォーム事業者に接続されている可能性もあります。Standard アカウントを所有するユーザは、Stripe と連携します。ダッシュボードにログインしたり、自身で支払いを処理したり、プラットフォームとアカウントとの接続を解除するなどできます。

Standard アカウントは、次のようなプラットフォーム事業者に適しています。

  • できる限り早急に使いはじめたい (Custom アカウントを使用しない方がプラットフォームのセットアップがずっと容易) 。
  • ユーザが既存の Stripe ユーザである。
  • Stripe とアカウントの所有者に直接やりとりしてもらいたい (身元確認のリクエストなど) 。
  • 分析ダッシュボードなど、「読み取り専用」のようなプラットフォームにしたい。 Standard アカウントに接続するには、さまざまな方法があります。標準の OAuth フローを使用することも、Stripe API を使用して新規アカウントをプロビジョニングすることもできます。

Custom アカウント

Custom アカウントは、アカウントの所有者にはほぼ不可視です。売り手とのすべてのやり取りに、プラットフォーム事業者が責任を負います。さらに、振込先銀行口座の変更など、アカウントの大半の設定の変更権限もプラットフォーム事業者が持ちます。Stripe は、必要な情報 (通常は身元確認書類) をプラットフォーム事業者に要求します。プラットフォーム事業者は、アカウントの所有者からその情報を入手し、Stripe に送信する必要があります。プラットフォームのユーザは、Custom アカウントにログインできないため、直接 Stripe に連絡をとることはありません。

Custom アカウントは、次のようなプラットフォーム事業者に適しています。

  • 接続した売り手のユーザ体験を完全にコントロールしたい (例: 売り手、Stripe アカウントにログインしない) 。
  • 売り手が Stripe と直接やり取りするのではなく、プラットフォーム事業者が売り手とのすべてのコミュニケーションを処理したい。
  • セットアップすることで、売り手による損失を最終的に引き受ける覚悟がある。たとえば、ライドシェア (相乗り) サービスプロバイダは、チャージバックやエクスペリエンス全体の責任を負いますが、通常はライドシェアサービスを不正使用目的で使用することは困難です。一方、ショッピングカートプロバイダの場合、通常、売り手がこの種のリスクに十分対応できるかどうか、わかりません。ショッピングカートプロバイダが、サービスの個々の利用状況を監視下に置くことは難しい場合が多く、ユーザが不正使用を行っているかどうかの判断を Stripe に委ねることを好みます。
Was this answer helpful? Yes / No