Stripe

Support

チャージバックはどのように処理されますか

Stripe は、あなたや顧客のクレジットカード会社と協力し、チャージバックを解決します。Stripe の目的は、このプロセスをできる限りシンプルかつ率直に、あなたにとって使いやすいものにすることです。

チャージバックが発生した場合、不審請求された支払いについて Stripe は通知を受け取り、あなたに詳細を記した自動通知を送ります。チャージバックに自動応答したい場合、Webhook を設定することができます (たとえば、サーバに自動通知を送るなど) 。

多くの場合、カード所有者のクレジットカード会社がただちにトランザクション (問い合わせ費用と回収費用を除く) を返金し、それに応じて、不審請求された金額と手数料を銀行口座から差し引きます。解決があなたに有利に働いた場合、不審請求された金額は、ただちにあなたの銀行口座に返金されます。

不審請求への対応

Stripe は、あなたが妥当と判断したテキストおよび画像すべてを提供するのに役立つ、ガイド付き証拠提出フローを、あなたのダッシュボードから直接提供します。クレジットカード会社の調査に役立ちそうな証拠を有している場合、(必要ならば提出します、と申し出るのではなく) ただちに提出してください。

チャージバックに対応するには、ダッシュボードの「Dispute (不審請求)」画面を参照してください。この画面で、対応したい不審請求の支払いをクリックすると、その支払いが不審請求として申し立てられた詳細な理由を確認できます。「Respond to dispute」ボタンをクリックすることで、支払いが正規のものであることを示す証拠を入力できます。

証拠を提出したら、通常は、クレジットカード発行会社がその後 60 ~ 75 日間ほどかけて、その案件に関する結論を出します。

提出する書類

提出する証拠類は、事例ごとに異なります。ウェブのログ、カスタマーサービスのメール、荷物の追跡番号と配達記録、前払金の返還証明、代替品の発送などが役に立ちます。不審請求の種類に応じて適切な証拠類を提出してください。詳しくは、こちらでご確認ください。Stripe はあなたが提出した証拠類を、顧客のクレジットカード発行会社に提出します。その後の経過については、逐次報告いたします。

証拠を提出する際は、不審請求を審査する機関は外部へ電話をかけたりリンクをクリックしたりしない、という前提で行動した方が安全です。クレジットカード発行会社は、あなたのウェブサイトや、アップロードされたファイルを見る目的で外部リンクをクリックすることはしません。したがって、提出できるすべての証拠を、最初の証拠提出時に含めることが重要です。

カードの所有者 (顧客) が不審請求の申し立てを撤回すると申し出たとしても、あなたが勝利を収めたい不審請求すべてについて、証拠を提出することが非常に重要です。

チャージバックについてもっと詳しく

チャージバックを防ぐには

チャージバックへの対応でもっともよい方法は、そもそもチャージバックの可能性を最小限に抑えることです。多くのチャージバックは、クレジットカードの不正使用によるものです。「不正使用」カテゴリのチャージバックは、正規のカード所有者が承認していない取引を意味します。不正使用と疑われる取引を見分けて防ぐ方法について詳しくは、「不正使用や不審請求への対策」をご覧ください。

Stripe は、チャージバック 1 件につき ¥1,500 の手数料を請求いたします (注意: 手数料の金額は、支払金額を受け取る通貨によって異なります。米ドルで請求し、支払金額を英国ポンド、ユーロ、カナダドルなどに通貨換算した場合、チャージバック手数料は換算後の通貨で計算されます) 。ただし、カード発行会社があなたの主張を支持した場合、この手数料は返金されます。

*例外: オーストラリアでは、この手数料は $25 AUD となります。この差額は Stripe が請求するものではなく、チャージバックを行うオーストラリアの銀行が請求するそのままの金額です。

Did this answer your question? Yes / No

Thanks for your feedback!

We’re sorry this didn’t answer your question. We're here to help. Contact us ▸