Stripe

Support

2 段階認証を有効にするにはどうしたらよいですか

2 段階認証プロセスを有効にすると、Stripe アカウントを保護するセキュリティレベルが強化されます。ログイン時に、パスワードの入力に加え、モバイルデバイスで受信または生成したワンタイムのセキュリティコードの入力が求められます。これにより、不正利用者にパスワードが盗まれた場合にもアカウントを保護できます。Stripe アカウントのセキュリティを安全に保つことは重要です。アカウントが不正アクセスされると、API のシークレットキーや顧客情報、取引情報が侵害されるおそれがあるからです。

2 段階認証プロセスのセットアップには 2 つの方法があります。携帯電話のショートメールでコードを受信するか、無料の Google Authenticator モバイルアプリ (iOS 版と Android 版を提供中) でコードを生成します。Stripe アカウントの 2 段階認証プロセスは、「account settings」で有効にできます。次の短いデモをご覧ください。

セキュリティコードをショートメールで受け取るように携帯電話を設定するには、SMS を選択し、携帯電話番号を入力します。Stripe からワンタイムのセキュリティコードが SMS 経由で届きます。そのコードを入力し、Stirpe に入力された電話番号が正しいことを確認できたら、セットアッププロセスは完了です!

以降はログインするたびに、Stripe から携帯電話にセキュリティコードがショートメールで届きます。ログアウトする場合もそのコードを入力する必要があります。新しい電話番号に切り替える場合は、いったん 2 段階認証を無効にしてから、新しい電話番号を使用して再度有効にする必要があります。

Google Authenticator を使用した 2 段階認証プロセスを設定するには、オプションを選択し、画面に表示されたバーコードをモバイルデバイスのカメラでスキャンします。その後、セットアップの完了時にデバイスに表示されたコードを確認するように求められます。以降はログインするたびに、デバイスに表示されるコードを入力する必要があります。これらのコードは、その特定のデバイスに固有のものであり、他のデバイスに転送することはできません。機種変更や現在の携帯電話のデータを消去する場合は、いったん 2 段階認証を無効にしてから、新しい電話番号を使用して再度有効にする必要があります。

どちらの場合もセットアッププロセスの最後に、緊急バックアップコードが表示されます。このコードが表示されるのは 1 回のみなので、書き留めて、安全な場所に保管してください。お使いのモバイルデバイスが紛失したり盗難に遭った場合は、この緊急バックアップコードを使用してアカウントの 2 段階認証プロセスを無効にすることができます。緊急バックアップコードを紛失した場合でも自分のアカウントへのアクセス権が残っていれば、2 段階認証の設定から新しい緊急バックアップコードを生成することができます。モバイルデバイスと緊急バックアップコードの両方へアクセスできなくなった場合には、Stripe アカウントにログインすることができません。

Did this answer your question? Yes / No

Thanks for your feedback!

We’re sorry this didn’t answer your question. We're here to help. Contact us ▸