Stripe

Support

クレジットカードの不正使用や不審請求の防止

クレジットカードの不正使用とはどのような行為ですか

クレジットカードの支払いが不正使用となるのは、当該のカードの所有者が許可していない支払いが行なわれた場合です。不正使用によるクレジットカード支払いのほとんどは、盗まれたクレジットカードまたはカード番号を使って行なわれます。クレジットカードが不正に使用されると、多くの場合、(クレジットカードによる支払い通知を受け取った後、あるいはクレジットカードの支払い明細を確認した後で) 正規のカード所有者により不正請求の申請による請求の取り消しを求められます。通常は、カード所有者がクレジットカード会社に連絡を取り、クレジットカード会社による不正請求が行われます。(「チャージバック」とも呼ばれます) 。

Stripe は不正使用防止のために、どのようなツールを提供していますか

Stripeでは、不正使用による被害を最小限に抑え、取引が不正使用かどうかを判断するのに役立つツールをいくつか用意しています。たとえば、怪しい取引をStripeが自動的に拒否できるようにするツールがあります。また、不正と思われる支払いについてユーザに通知することで、ユーザが十分な情報を得たうえで当該のクレジットカードの支払いを受け付けるかどうか決断できるようにするツールもあります。

また、セキュリティコードチェック機能やアドレス確認システム(AVS)チェック機能など、簡単に実装できるツールもいくつか用意されています。これらのチェックで適正と判断されなかった場合、ダッシュボードから、クレジットカードの支払いを拒否することができます。

それでも、こうした各種チェック機能を不正使用がすり抜けることがあります。Stripe は、ユーザにできる限り多くの情報を提供し、不正使用によるとみなした支払いをユーザが承諾することも、払い戻しすることもできるようにし、ユーザが自社の Stripe アカウントで行なわれた疑わしい支払いに対する金銭的責任を負うための態勢を整えられるようにします。ユーザはStripeの各種ツールを使用し、さらに警戒態勢をとることで、不正使用に対抗するための堅固な体制を築くことができます。

過剰な不正使用が発生した場合はどうしたらよいですか?

オンライン決済における不正使用は遺憾な一面ですが、不正請求はめったに発生せず、アカウントにおける支払い回数の1%未満にとどまります。不正請求率が高くなったり、不審な取引が目立つ場合、Stripe は問題を解決するべく、率先してお客様にご連絡をし防止対策の援助をさせていただきます。 なお、不正使用による支払いは、Stripe アカウントの所有者が責任を負います。(チャージバックが頻繁に発生すると、その Stripe ユーザの利用資格に影響するだけでなく、そのユーザがほかの任意の決済業者を利用して支払いを処理する場合の利用資格にも影響します。) チャージバックを防ぐ最も効果的な方法のひとつは、Stripe アカウントに悪影響を与える前に、潜在的な不正使用を発見することです。


不審な取引を見極める

Stripe ユーザは顧客の注文を履行する義務があり、購入時に顧客情報の大半を得ることができるため、その取引が不正使用かどうか判断するための態勢が最も整っています。不正使用の兆候にはさまざまなものがあります。個々の兆候は単独では問題ないように見えますが、兆候が複数ある場合は、明らかにクレジットカード詐欺であると判断できる場合があります。

いつもと異なる支払いについてはよく確認しましょう。対面販売とは異なり、オンラインでの支払い受け付け時には、カードのセキュリティ機能を物理的にチェックして本物かどうかを確かめたり、利用者がカードを実際に所有しているかを確認する方法がありません。徹底的なチェックリストではありませんが、以下に注意すべきポイントを挙げます:

  • いつもと違う大量または高額の注文 (注文したアイテムの点数が異常に多い、並みはずれて高価なアイテムを購入した、購入金額がいつになく高額など)
  • 大急ぎの注文 (不正使用者の手口はスピードが命)
  • 国際カードが使用されている、または配送先に海外の住所が指定されている
  • 同じまたは似たようなクレジットカード番号で、小口取引が多数行われている。特に短期間に購入されている場合。
  • 同じクレジットカード番号で、多数の取引が行われているが、配送先がばらばら。または、複数のカードで取引が行なわれているが、配送先が一か所。
  • 同じIPアドレスから異なるカードを使って多数の取引が行われていて、いくつの取引か失敗した形跡がある。(不正使用者は、多数のカードを試してみることが多く、成功するまで試し続ける)
  • 取引に、明らかに偽装の情報を使用している(偽の電話番号や、asdkf12495@freemailexample.com のようなでたらめなメールアドレス)
  • 配送先を貨物運送業者宛にしている (よく知られている貨物運送業者のリストについては、こちらをご覧ください。)
  • 請求先住所がカードの発行国と異なる
  • 購入ごとに顧客情報が変わっている。たとえば、同じメールアドレスが別の名前で、別の支払いに使われている。
  • 同じ顧客名やメールアドレスを使って、何度も失敗している。拒否された支払いは貴重な情報です。定期的に確認しましょう。同じ顧客が何度もクレジットカードによる支払いに失敗していて、その失敗がクレジットカードを変えて何度も繰り返されていた場合、その支払いを通してしまうと詐欺に遇う可能性が高いです。
  • コミュニケーションの筋が通らない。不正使用者はしばしば台本を使い、複数の販売者に対して、同じ汎用メッセージを使用します。台本に書かれているようなメッセージを受け取った場合は、そのメッセージを引用符で囲んでインターネットを検索してみましょう。 怪しいメッセージの検索の例はこちら (英語)
  • 支払い手続きを、Stripe のダッシュボードを通じて、またはストアでの購入中に、ストア側に手動で行なうことを求める要求。不正使用者は、自分たちのIPアドレスではなく、ストア側のローカルIPアドレスで支払いを行なうために、このような要求をすることがあります。
  • クレジットカードの利用限度額を超えて購入が行われようとしたり、他の支払い方法 (チェック、電信振込み、現金、為替など) で第三者 (配達業者、荷受人/航空会社) への支払いを求められた場合。

疑わしい支払いを行なった利用者に電話やメールで連絡を取り、本人情報や支払いの詳細について確認することを検討してください。電話番号がカード利用者のものではなかったり、メールが宛先不明で戻ってきた場合、支払いが不正使用によるものであった可能性を示唆しています。支離滅裂な応対や曖昧な応対も同様に、不正使用の典型的な兆候です。 (なお、電話やメールがつながり、相手が適切な応対をしているようにみえたとしても、必ずしも相手が正当なカード所有者であることの保証にはならないため、ご注意ください。)

その他の対策

クレジットカードによる支払いが実行される際に、より詳細な情報 (顧客名、住所、クレジットカードのセキュリティコード、郵便番号、配送先住所など) をStripeに提供することで、不正な支払いを避けられるかもしれません。特定の支払いについて危険性が高いと見なした場合、Stripeはその支払いをブロックしたり、ユーザに注意深く精査するようメールでアドバイスすることがあります。

不正使用検出ツールを最大限活用するには、以下のことをお勧めします:

  • 決済時に、顧客の名前とメールアドレスが Stripe に送信されるようにします。これらの情報は Stripe.js 内のフォームから直接取り込むか、Customer オブジェクト作成APIのパラメータに含めることができます。Stripe.js や Customer オブジェクトを使用していない場合は、クレジットカード情報入力画面の説明フィールドにメールアドレスを入力させるようにします。
  • Checkout または Stripe.js を使用します。これにより、PCI準拠が確保され、支払いに関する多くの情報を Stripe に提供することもできます。
  • AVSやセキュリティコードツールの検証をパスしなかった支払いを自動的に拒否するようにアカウントを設定します。ただし、正当な支払いでも、これらの検証のいくつかに通らない場合があります。これらの設定を有効にする前にどのような取引がブロックされるか、よく精査してください。(これらの設定はデフォルトでは有効にされていないため、有効にする場合はこちらで設定する必要があります。)
  • Stripe をご利用でデジタルコンテンツの取扱いなどにより不正使用が多発しているビジネスや、不正使用の問題が解決されないお客様は、 SiftScienceSignifydRiskifiedなどの専用ソリューションを導入して、不正取引を特定してブロックするようにしてください。

デジタルコンテンツ、SaaSなどを販売するときの注意事項

  • デジタルコンテンツや SaaS を悪用する利用者は、盗んだクレジットカードを使用する傾向が強い(例:SNS を使用してスパムを送信したり、デジタルコンテンツやアプリ内アイテムを短期間に大量購入するなど)
  • 複数のアカウントで、同じメールアドレスや同じクレジットカードを使用している場合には要注意
  • 同じメールアドレスから速いペースで立て続けに支払いがある場合には要注意
  • アカウントの状況に、予想しなかった変化または目立った変化がある場合には要注意。購入が頻繁だったり、アカウントの支払い金額が突然跳ね上がった場合は、不正使用が行われた可能性があります。
  • デジタルコンテンツや SaaS は物理的に配送されませんが、カード利用者の住所、郵便番号、セキュリティコードなど、できるだけ多くのカード情報を収集し、確認することが重要です。セキュリティコードと郵便番号の検証 をパスしなかった場合、そのクレジットカードによる支払いを拒否することを検討してください。
  • IPアドレスやメールの履歴、利用履歴 (例:実際にログインし、サービスを利用したかどうかを示す記録) など、取引の証拠を残しておきましょう。この情報を集めておくことで、支払いがあとで不正請求に持ち込まれたときに、証拠として提出できます。

商品を出荷するときの注意事項

  • 配送先住所と請求先住所が同一かどうか。カード利用者がギフトを購入した場合など、配送先住所と請求先住所が異なること自体は不正使用の兆候ではありませんが、その支払いを注意深く監視する必要があることを示しています。2つの住所が一致している場合、カード利用者が米国、カナダ、英国からクレジットカードを使用しているなら、郵便番号と、所在地住所が認証済かどうか確認します。
  • 注文が完了した後に、配送先住所の変更を申し出てきた利用者には注意が必要です。不正使用者は、支払いが完了するまでは正規の住所を使い、その後で配送先を変更することがあります。
  • Stripe ダッシュボードの支払いに関する詳細情報で、クレジットカードの発行国(カードが発行された国)を確認します。請求先住所はカードの発行国と一致しているはずです。配送先住所の国が、カードの発行国と一致しない場合、または一般的に配送先とならない国の場合、そのクレジットカード支払いの正当性を確認するために、追加の手順を踏むことが重要です。
  • 出荷方法が適切であることを確認します。高い料金の特急便を使っている場合は、注意が必要です。盗んだクレジットカードを使っている場合は、配送コストが高くても気にせず、クレジットカード番号の盗難や不正使用の報告がされる前に、すぐに品物が届くように手配するものです。顧客の「指定出荷業者」を使用したり、顧客に代わってサードパーティの出荷業者に支払うことは絶対にしないでください。そういった業者は、多くの場合、詐欺グループの一味です。
  • 高額の注文や、確認されていない配送先住所への出荷、または初めてのお客様への出荷には、24時間から48時間の待機時間を設けるようにしてください。
  • 請求先の郵便番号を確認できた場合、この請求先の郵便番号と入力した住所が整合していることを確認してください。不正使用者が、有効な請求先の郵便番号を入力したとしても、それ以外の住所が偽の情報である場合があります。 一般に、顧客の入力した配送先住所を Stripe から確認することはできません。また、配送先の情報は支払いの受け付けに必要ではありません。ただし、支払いを作成するときに、配送先住所を Stripe に送信することで、不正使用に関する Stripe の検出精度を向上させることができます。

不正使用によると思われる支払いを発見しました。どうすればよいでしょうか。

当該のクレジットカードが盗難被害に遭ったものか、またはカード所有者の許可なく使用されたものであることが確認された場合、そのクレジットカードで行われた支払いについては、できるだけ速やかに全額返金するようにしてください。

不正使用の可能性がある支払いを返金する場合は、Payments の詳細ページにある「不正使用による支払いを報告」(英語) というリンクを通じて行ないます。これにより、支払い金額が返金されるとともに、Stripe にレポートが通知され、今後の不正使用について Stripe の検出精度が向上します。

返金しない場合、または支払いが不正使用によるものであると特定できない場合、カードの所有者がクレジットカード会社に不正請求を申し立て、結果としてチャージバックが発生する可能性があります。たとえば、クレジットカードの盗難やクレジット情報の漏えいが生じた場合、カード会社は、カード所有者のために自動的にチャージバックを実行することがあります。これらのカード会社による不正請求は、不正使用が行なわれた期間の一定の範囲の支払いを対象としており、各支払いの正当性を判断するためにカード会社が調査を行っている間のカードの所有者の保護を目的としています。

チャージバックを受けた場合、カード所有者のクレジットカード会社は直ちにチャージバック対象とされた支払い金額の全額をカード所有者の口座に払い戻し、チャージバック手数料が発生します。次に、Stripe はチャージバック対象とされた支払い金額の全額と、チャージバック手数料を、Stripe アカウントに登録された銀行口座から引き落とします。詳細については、Stripeによるチャージバックの処理方法 (英語)をお読みください。


不正使用の疑いのあるアカウントに関するご質問について、Stripe はいつでも喜んでお答えします。個々の支払いに関する懸念、または Stripe を使用する際の不正使用を回避する方法については support+jp@stripe.com へお問い合わせください。

Was this answer helpful? Yes / No